ブログde会計

公認会計士がブログで会計について考える

音声認識でブログを書いてみる

ふと、音声認識だけでブログを書いたら色々捗るんじゃないかと思い、試しに音声入力を使って、音声入力に関するブログを書いてみた。

なお大枠を音声入力した後、細かいところはタイピングで修正している。

結論から言うと、これでかなり生産性があがりそうだ。

 

音声認識でブログを書くメリット

スキマ時間を有効活用できる

音声認識でブログを書くメリットはいくつかあるが、隙間時間にブログを書けるのがメリットの1つ。

ちょっとした移動時間等も音声入力する癖をつければけっこうブログを書く時間は増えると思う。

自分の場合、PCでのタイピング=音声入力>スマホのフリック入力 というスピード感なので、移動中にスマホで入力するよりは音声入力の方が早い。

また、画面を見なくてもいいので、スキマ時間をうまく活用してブログを書く時間を増やせそうだ。

 

ながら執筆ができる

スキマ時間のような「空いた時間」じゃなくても、何かをしながら音声入力で記事を書くことができる。

もちろん頭を使う作業をしている最中に音声入力はムリだが、運動とは相性がいいように思う。

自分の場合はジョギング、ウォーキングしながらブログを書くのが1番よさそうだと思って、やってみたところ、これがむちゃくちゃ効率がいい。

さすがにあまりハードに走ると息が切れてしまうが、軽いランニングぐらいだったらむしろ頭がさえるので座りながら書くより良いかもしれない

何よりジョギングやウォーキングといった運動が退屈なことが苦痛でやめてしまうことが多かったので、ブログを書きながら運動ができるっていうのは、ブログを書く上でも、運動習慣を作る上でもかなりメリットとして大きい

音声入力のデメリット

入力精度に課題あり

音声認識の精度はまだまだ課題はある。

ある程度はっきりしゃべらないと認識してくれないし、ばーっとしゃべってみて後から見返すとそれなりに誤字脱字や、変換間違いなどあるのでそこは修正する必要はどうしてもある。

ただしこれについては普通にタイピングしてブログを書く場合でも、最後に全体のチェックをするのでそこまでデメリットとは感じない。

それよりも隙間時間や運動をしながらに大枠の文章を作れることのメリットが大きいので、音声入力の精度を差し引いてもプラス。

 

構成がまとまりづらい

もう一つのデメリットとしてはやはりタイピングしながら書くよりも思考がまとまりづらく、アウトラインもきれいに作りづらい。

当然ながら音声入力で大枠を作ったあと、最終的にはPCで全体の構成を修正する必要はある。

これについては慣れもあると思うので、今後慣れてくればより音声入力を使いこなせるかもしれない。

実際にやってみて思ったのは、音声入力が適している記事と適してない記事があるということ。

体系立てた記事を書く上では頭の中で全ての文章構成を考えないといけないので、音声入力のやりづらさはある。

逆に日記であったり、雑記といった程度の内容であれば書きやすい。

全ての記事を音声入力で書くのではなく、使い分けるのが良さそうだ。

 

人目が気になる

もう一つデメリットとしてあるのは、スキマ時間が使えるといっても人ごみの中を歩いている時に音声入力するのはなかなか難しいということ。

音声入力時にはiPhone のイヤホンを使って書いているので、電話しているようにも見えるが、内容を聞くとあきあらかに電話ではないし、しゃべっている内容を聞かれるとちょっと恥ずかしいので人ごみの中ではなかなかやりづらそうだ。

これについては自分は夜ジョギングやウォーキングをしながら音声入力で記事を書くことにした。

 

 

音声入力に使っているアプリ

iphone自体の音声入力は、入力時間に制限があるため、しゃべっている途中に勝手に止まったりする。

そこで私は音声認識メールクラウドという無料アプリを使っている。

このアプリは自分で停止するまではずっと音声入力を続けてくれるので、ジョギング中等もあまり気にせず使える。

 

まとめ

実際書いてみて驚くのは、机に向かって調整を慎重に考えながら記事を書いているとけっこう時間がたっているのに、ジョギングしながら音声入力すると、ジョギングが終わった頃には1記事ぐらいができてしまっていること。

ジョギングしながらでも1時間で5000文字ぐらいは書ける。

もちろんその後手直しは必要なのだが、だいぶ時間の節約になり一石二鳥感がすごい。

書きたい内容が結構あるが、書く時間がない人にとってはかなり有効に活用できるんじゃないかと思う。

自分の場合はデータを詳細に表にまとめたり分析したりする記事も多いのでそういう記事は音声認識では書くことはできないが、自分の思ったことを雑記として書く場合や日記のような内容で書く場合はこれだけで結構いけそうな気がする。

ブログを書くこと自体はほとんど趣味なので、これによってジョギングやウォーキングを飽きずに続けられて、ブログの記事も書く時間が増えるのであれば、結構大きな革命となるかもしれない。

今後もしばらくこれを続けてみてよさそうだったらまた追記したいと思う。

-ブログ論


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です