ブログde会計

公認会計士がブログで会計について考える

公認会計士試験の勉強を始める前に知っておくべきことをまとめてみた

2017/05/07

diary-1149992_1280

こんにちは。会計士GTRです。

今回は主にこれから公認会計士試験を受けるか検討されている方、これから受験する方を対象に、勉強を始める前に生じるであろう疑問を中心に書いていく。

※全体的に加筆修正(2017/5/6)

 

まずは公認会計士試験について知ろう

公認会計士という資格を聞いたことはあるけど詳しく知らないという人も多いと思う。

何やら難しい資格で高収入っぽいけど、実際どんな資格で、どんな仕事なのかを知りたいという人には以下の記事を読んでいただきたい。

以下詳細版と要約版の二つの記事をあげているので、ニーズに応じてどちらかを見て頂ければいい。おすすめは「ざっくり解説」の方を読んでいただき、さらに詳しく知りたければ「徹底解説」もご覧頂くという読み方だ。

 

また、試験の難易度や合格までにかかる時間についてはこちらにより詳細にまとめている。

 

 

勉強を始める前に本当に公認会計士になりたいのか考える

これから勉強を始める人にこんなことを言うのもなんだが、公認会計士の勉強を本格的に開始する前に本当に公認会計士を目指すべきかよく考えてほしい。

公認会計士はなかなかどうしてハイリスクハイリターンな資格だ。

よく試験合格のためには最低3000時間の勉強が必要だと言われるが、人によってはもっと時間がかかるだろう。勉強は相当ハードだし、勉強したら絶対受かる試験ではない(と個人的には思っている)。

「就活面倒だし、会計士なら給料良いらしいからとりあえず受けてみるか〜」というノリで受けるのはオススメしない。

授業料もバカにならないし、学生の青春時代や社会人の貴重な空き時間を犠牲にするので後悔することにもなりかねない。

一方で合格すればかなりの高収入が得られるし、なんやかんや安定した仕事だし、メリットももちろん多い。個人的には受けて損はない資格だと思っている。

公認会計士の仕事のメリット・デメリットや得られる収入等は以下の記事にまとめている。

 

 

試験に合格できなかった場合のキャリアは?

公認会計士試験は高学歴母集団で合格率10%前後とかなり難易度の高い試験のため、どれだけ頑張っても合格できない人がいるのもの事実だ。

予備校代70万円程度(複数年受験ならそれ以上)の経済的投資、数年の学習期間という時間的投資をすることになるので、投資が失敗したときのリスクについても目を向けるべきだ。

試験に合格できなかった場合どのように知識を活かせるのかを以下の記事にまとめている。

 

大学や仕事との両立ができるか考える

大学や仕事と両立で悩まれる方が多いようなので、不安のある方はこちらの記事をご覧頂きたい。

 

予備校はどこを選ぶべき?

これも初学者が最も気になるテーマの一つだろう。

予備校の最大手はTACと大原で、この二社でかなりのシェアを占めている。この二つが無難。次いでLECとCPA。

これについては、シンプルに合いそうだと思ったところでいいと思う。

予備校については、以下の記事で詳細にまとめているので参考にしてほしい。

 

予備校は重要ではるものの、TAC、大原、CPAあたりの大手であればある程度の質はあり、多数の合格者を排出していることからも、予備校選びが合否を決定的に左右することはあまりないと考えられる。

実際ツイッターで受験生・合格者にアンケートを取ってもほとんどの人が「予備校」は合否を左右する最大の要素ではないと言っている。

 

実際大手予備校行っている人は、落ちた人も予備校を悪く言う人はそんなにいない。

あまりにもテキトーに決めるのもどうかと思うが、大手の予備校いくつか説明会に行って、自分に合いそうだと思ったらそこでいいと思う。

あんまりいろんな予備校を調べまくってもそこまで意味はないと思う。その理由として、予備校を途中で変える人は多くないので、みんな自分の予備校しか知らないから口コミを聞いてもアテにならない場合も多い。

なお、通学か通信なら、可能ならば通学をオススメする。

 

 

公認会計士試験を受ける前に簿記を取得する必要がある?

簿記を全く勉強したことがなくて会計士を目指そうとする人は最初に持つ疑問ではないだろうか。

会計士試験に受験資格はないため簿記の取得はマストではないが、簿記の知識が全くない状態で会計士試験の予備校授業についていけるのか不安になる人は多いだろう。

まずはツイッターでのアンケート結果を見てみよう。

半分以上の人が簿記の取得がない状態から受験勉強をスタートしているという結果になった。実際私も簿記について何の知識もない状態で勉強を始めたし、周りでも会計士試験の授業で初めて簿記に触れた人は少なくない。

簿記の知識がない人は入門期でしっかり基礎から教えてくれるので、簿記の知識がなくて授業についていけなくなることは基本的にないと思う。

もし会計士試験を目指す上で確固たる決意ができている人であれば、先に簿記取得することは回り道になる場合が多いので、さっさと予備校の会計士試験講座に申し込んで勉強を始めてしまうことがオススメだ。

一方で、公認会計士という資格に興味は持ってるけど、簿記が自分にあってるかよくわからないし不安だという人は、まずは2級ぐらいまでを目安に簿記の勉強をしてみるのもいいだろう。実際簿記がどうしても好きになれないという人は会計士に向かないだろう。

会計士の勉強はお金もかかる(大手予備校だと70万ぐらい)し、勉強は相当ハードなので、まだ決意が固まってない人はまずは簿記にトライした方が後で後悔しないかもしれない。

なお、個人的に簿記の内容は知識が深まるほど面白くなると思っている。3級ぐらいだとあまり面白くなくて、2級ぐらいからやっと面白くなり、1級レベルだとかなり面白いと感じる気がする。

そのためどうせ取るなら2級を目指すことを勧める。1級はかなり時間もかかるので、時間的余裕のある大学1年生以外は取得しなくてもいいんじゃないかなと思っている。

 

なお、下記アンケート結果の通り会計士試験受験中に簿記取得する人も6割ほどいる。予備校によっては2年コースだと最初は簿記1級取得を目指すというパターンもあるようだ。

 

 

電卓は何を買うべき?

主要メーカーはCASIOかSHARPだ。まずはこの2つから選ぶべき。

この二大メーカーの次に来るのはCanonだが、Canonの電卓は音がうるさいので自分が使いやすくても自習室などで周りが迷惑するので使わない方が無難だ。

ツイッターでのアンケート結果はちょうど半分に分かれた感じだ。

そして、電卓については私の結論は「予備校で販売している電卓を買うべし!」だ。

予備校の電卓は5000円前後して決して安くはない。家電量販店に行けばこれの半額以下の電卓がたくさんある。

しかし、多少高くても良いものを買った方が良い。自分の人生がかかっている試験で、電卓代の数千円をケチって後悔するのはアホらしい。

実際予備校が勧める電卓には高いだけの理由がある。何が良いのか書くと長くなるが、静音性とか、メモリー機能の使い勝手とか、液晶の見やすさとか、まあ話すと長くなるが、これから1年以上ずーと使うので試験本番だけでなく勉強中の快適さにも影響する。

私は最初見た目がかっこいい電卓を買ったのだがあまりに打ち間違いが多かったので途中で予備校の電卓に変えたのだがこれが驚くほど使いやすかった。

 

監査法人で働く公認会計士でも電卓が壊れるとわざわざ受験時代に使っていた電卓を買いに予備校に行く人もいるぐらいだ。

従って電卓は予備校推薦の良いものを使うに限る。

なお、大手予備校だとTACはSHARP、大原はCASIOを推奨電卓として扱っている。初めて電卓を買う人は自分の予備校の推薦するものを使えば良いと思う。機能に大差はない。

逆にこれまである程度簿記の勉強をしてきた人は自分の使っていたメーカーのものを選んだほうが良いので、例えば大原に通う人でもSHARPを使っていたならTACに電卓を買いに行ったほうが良い。クリアボタンや00ボタンの配列等が結構異なるので、別のメーカーのものを使うと慣れるのに時間がかかるからだ。

ツイッターのアンケート結果もほぼ半分に分かれたので特にどちらが良いというのはないだろう。

 

 

電卓はやっぱり左手打ちが良いの?

これについては人による部分もあるのだろうが、私は左手打ちを推奨する。ツイッターでのアンケート結果も左手打ちが全体の2/3という結果になった。

実は私は右手打ちなのである。右手打ちで受かっている人もたくさんいる。

しかしやはり左手打ちの人の方が計算が早くて正確な気がする。

やはり右手はペンを持って計算結果をメモったりするので、電卓から手が離れる。手を離すといちいち電卓を見ないとボタンを間違いやすいので、やはりスピードがちょっと落ちると思う。

受験勉強を本格的に開始してしまった方はあえて左手に直す必要はないと思うが、これから本格的に勉強を始める人には左手を推奨したい。

 

授業のときのノートの取り方

ノートを取る時は最初にある程度ルールを決めることが大切だ。

最初はどうやったらいいかあまりわからずとりあえず適当に書き始めて、あとでやっぱり見づらいと思ってノートを作り直すことになると時間の無駄だ。

 

授業の内容をテキストに書き込むかノートにとるかを決める

まず、授業の内容をテキストに書き込むかノート(ノートブックやルーズリーフ)に書き込むかでスタイルがわかれると思うが、私は基本的にはテキストへ書き込むのを推奨している。受験時代を通じて感じたのは、情報は一元化した方が効率がいいということ。

あとからテキストとノートを行ったり来たりするぐらいならひたすらテキストに書き込んだ方がいい。テキストの中で矢印や吹き出しを付けたりすると、視覚的にも覚えやすくなる。

なお、基本的には情報はテキストに書き込むのだが、テキストは膨大な量になるので、私は別途まとめノートを作成していた。これについては別記事で解説する。

 

使うペンを決める

テキストに直接書き込む場合は、鉛筆かペンかという問題がある。私はずっとペンを使っていたし、ペンを推奨している。

ペンを推奨する理由は、鉛筆より見やすいし色も使えるから。ペンのデメリットは後から消せないことだが、個人的にはあまり気にならない。もし気になる場合は後から消せるフリクションボールを使うといいかもしれない。

あとは、ボールペンは線の細いもの(0.4mmか0.3mm)がオススメ。線の細さは個人的に重要なポイント。線が細いと小さい文字が書けるのでスペースあたりの文字量が増やせる。そうすると一度に目に入る情報量が多くなる。最初はわからないかもしれないが、同じ情報を2枚にまとめるより1枚にまとめた方が全体の繋がりが見えやすくなる。

個人的には線のカスレないゲルインクのボールペンが好きだ。私の愛用はSARASAの0.4。すごくきれいな字が書ける。

今後1年以上嫌というほど字を書き、それを見ることになるので、ボールペンの書き味が気にいるかというのはけっこう重要だと思う。色々書いてみて、是非自分のお気に入りの一本を見つけて欲しい。

使うマーカーを決める

テキストはボリュームが多く、毎回その全部を見直すことはできないので、マーカーで重要な箇所に線を引くのが定番だと思う。

マーカーの色は、最初にどのメーカーのどのマーカーのどの色を使うか決めたほうが良い。色に一貫性がないと、あとで見た時に混乱する。同じ青でもマーカーが違うと微妙に色の違いが出るので、どのマーカーを使うかまで決めておいたほうが良い。

また、色の種類が増えすぎるとかえって見づらいので、あまりいろんな色を使いすぎないほうが良い。感覚的には多くて3色ぐらいだろうか。私は基本的に2色だけ使用していた。濃い色は目がつかれるので、基本は薄い色の方がいいのと、あまりチカチカしない色合いで揃えたほうが良い。

マーカーで線を引くときのルールを決める

マーカーの種類を決めて使う三色程度に絞ったら、線を引く時のルールを決めたほうが良い。

租税法などは講師の人が色使いのルールを決めていたりするので、に従った方がいいが、そういう場合以外は全科目で共通のルールを決めておいた方が楽だ。

人によって色々だと思うので、何が良いというのはないが、参考までに私の使い方のルールを説明するとこうだ。

色の種類

  • 青:結論
  • 緑:理由

太さ

  • 下線:そこそこ重要
  • 塗りつぶし:重要

色を結論と理由で分けたのは短答と論文の勉強をする時にとても役に立った。

短答は結論がわかっていればマークシートを埋められるので、短答前は青の箇所をひたすら頭に入れる。論文は結論の背景にある理由まで記述が求められるので、緑の箇所をスラスラ暗証できるようにする。

 

マーカーを引くときの注意点

マーカーで重要な箇所に線を引く時に気をつけたいのが、本当に重要な箇所に限定すること。

後から読み返すときに重要なポイントに絞って読み返すためにマーカーをひいているのに、マーカーの箇所が多くなりすぎると結局後から読む箇所が多くなる。全部重要に見えるのはわからなくはないが、勇気を出してマーカーを引く箇所は本当に重要な箇所に絞った方がいい。

そういうと、最初のうちは本当にマーカーを引いていいのかわからなくなってしまう。そんなときにオススメなのはフリクションマーカーを使うこと。

フリクションは後で消すことができるので、線を引きすぎてしまっても後で消すことができる(裏ページのマーカーも消えてしまうが)。

 

 

どんな勉強方法をすればいい?

これが一番難しいポイントだ。最初に断っておくと私も明確な答えは持っていない。

 

勉強方法が合否を左右する

先ほど予備校選びは大手を選んでおけばそこまで大差はないということを書いた。再度ツイッターでのアンケート結果について触れるが、6割超の人が合否を左右するポイントは勉強「方法」だと言っている。(前提として勉強量は当然に必要になる)

つまり、大手の予備校を選んで真面目に授業を受けて、カリキュラムをこなせば合格するというものでもないのだ。一生懸命勉強をしても勉強方法が良くなければ合格は難しいと言える。それだけに勉強「方法」という面にしっかり向き合う必要がある。

これから勉強を始める人も、既に勉強をしている人も、何も考えずがむしゃらに勉強するのではなく、勉強「方法」も意識する必要があるということだけはまず覚えておいてほしい

特に試験直前になると勉強方法を見直している暇がないので、余裕のあるうちに勉強方法について意識した方がいい。

勉強方法は陸上競技で言えば走るフォーム。間違ったフォームで練習し続けても記録は伸びない。

 

半数以上の人が1年以上勉強しても勉強方法を確立できていないという現実

しかし、下記ツイッターでのアンケート結果を見ても多くの人が勉強方法の確立までに相当の時間を要していることがわかる。なんと、実に半分以上の人が勉強開始から1年を経過しても勉強方法が確立できていないという現実がある。

1年経っても勉強方法が確立できていないということは、勉強方法を試行錯誤しているうちに試験本番を迎えてしまうということだ。

実際1年目で授業があるうちは授業についていって予習復習するので精一杯、直前になったらがむしゃらに問題集解きまくって、答練受けて、気付いたら試験本番。なんとかインプットはできていてもアウトプットまで時間が回らず不合格。1年目の敗因を分析してようやく自分の勉強方法の欠点に気付くというのはよくあるパターンではないだろうか。

(だからこそ過年度で短答落ちた人は一度冷静になって徹底的に敗因分析することをオススメしている。詳細はこちら。)

 

なかなか勉強方法が確立できない理由

なぜ、半数以上の人が勉強「方法」が合否を左右すると感じているのに、半数以上の人が勉強「方法」の確立に苦労しているのだろうか。

理由は色々あるだろうが、やはり予備校では勉強は教えてくれても勉強「方法」は基本的に教えてくれないというのが大きいと思う(もちろん個別に相談すればアドバイスはしてくれる)

下記の通りこれまた半数以上の人が自分で試行錯誤することで勉強方法を確立している(先のアンケート結果を見るとまだ確立出来ていないのかもしれない)。予備校講師に相談して勉強方法を確立した人は2割もいない。

 

 

ただこれは予備校講師の怠慢ではなく(個人的にもっと勉強方法の研究や指導にフォーカスしてもいいんじゃないかとは思っているが)、勉強方法は人によって合う合わないがあるから難しいという問題がある。

人によって計算が得意な人もいれば、理論が得意な人もいるし、得意科目も異なる。

予備校講師としても苦手な科目や論点がある程度絞られていればアドバイスもしやすいが、漠然と「どんな勉強方法がいいですが?」と聞かれても「まずは授業でしっかりと理解をし、復習すること」といった回答しかできないのだろう。

 

 

実際私も予備校講師を含めて色んな人にアドバイスをもらったが、必ずしもその全てが自分にあっているわけではなかった。試験に落ちるたびにトライ&エラーを繰り返して自分の勉強方法を確立していった。

とはいえ「これだけは最初に知っておけ」という勉強方法はあるし、いろんな人の勉強方法を聞けばヒントになることは多いし、みんなが共通して言うことは間違いないだろう。

先輩受験者や合格者の話を色々聞いてみることが自分にあった勉強方法を確立するポイントだ。特に受験合格して間もない先輩受験生のやり方は大いに参考になると思う。

「とにかく量をこなす」というのも当然大事だが、思考停止せずに「もっと効率的な方法はないか」「もっと良い勉強方法はないか」という視点は常に持っていてほしい。

試験直前期になると勉強方法を根本的に見直すという余裕がなくなるので、入門・基礎期、あるいは上級期の序盤で自分にあった勉強方法を確立できるようにしたいところだ。

 

 

まとめ

以上、会計士試験を目指すか悩まれている方が疑問を持つであろうポイントについて整理してみた。

会計士試験は一度走り出すと長い長い道のりになるので、走り出す前にきちんと情報収集をすることをおすすめしたい。

-公認会計士・公認会計士試験


 comment
  1. kwm より:

    GTRさん初めまして。私は先月公認会計士という資格を知り、1ヶ月ほど悩んだ結果、TACで勉強しようと決めました。このブログの存在も有難く、参考にさせていただいています。

    お忙しい中恐縮ですが、勉強方法についてお伺いしたいです。毎日何をすれば良いのか分からなくなりそうで不安です。

    私はこれから講義を受け始めるのですが、上級期が始まる6月からは教室講義ですがそれまでの入門期はDVD講義になります。GTRさんはどのように受講し、復習をされてましたか?

    講義中ノートをとるより参考書に直接書き込み、試験前に参考書だけを見れば良い状態にしておくのがいいと聞いたことがあるのですが、GTRさんはノートを作ったりされていましたか?付箋の使い方など細かいことでも参考にしたいので、アドバイスなどがあれば教えていただけると有難いです。

    最初にこれだけは知っておけという勉強方法が気になり、お話をお伺いしたいと思っていました。よろしくお願いします。

  2. GTR より:

    kwmさん

    返事が遅くなりすいません。
    講義の受け方を言葉で説明するのは難しいのですが、ひたすらテキストを見返しして復讐をしたのと、計算科目はとにかく問題集を解きまくりました。
    それから、ある程度理解が深まってきたタイミングで全体の論点を整理したまとめノート(ルーズリーフ)を作ってました。
    講義中のメモの取り方は記事の中に加筆しましたので御覧ください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です