ブログde会計

公認会計士がブログで会計について考える

あまり知られていない格安で超便利な最新ギア5選

2017/01/08

こんにちは。公認会計士GTRです。

最近世の中のイノベーションがどんどん加速しているなという印象を受ける。世の中にはどんどん便利なものが登場し、これまでの常識を覆している。

残念ながら、そうした便利なギアは話題になり認知度はあっても、値段の高さなどからあまり普及していないものも多い。

しかし、実はブランドにこだわらずに探すと意外と安い値段で買えるハイテク製品がけっこうある。

そこで今回は「知らなきゃ損」と言える格安ハイテク家電を紹介したいと思う。

 

 

完全ワイヤレスイヤフォン

今までもBluetoothで音楽プレイヤーと直接繋がなくてもワイヤレスで使えるイヤフォンというのはあったが、従来のものはレシーバーを胸ポケットなどに入れて、そこからケーブルが伸びているようなタイプが中心であった。

そこに最近イヤフォンだけの完全ワイヤレスタイプが出てきた。有名なところだとEARINやAPOLLOなど。またappleからも純正のAirPodsが出た。

【国内正規品】 EARIN 超軽量・超小型タイプのワイヤレスイヤフォン EARIN 60001


超軽量・超小型タイプの完全コードレス耳栓ワイヤレスイヤフォン APOLLO7 (スペースグレー)

apple純正 AirPods(画像出典:DIGIMONO

 

これら完全ワイヤレスのイヤフォン、けっこう前からむっちゃ欲しいな〜と思っていたが、2万円〜5万円ぐらいでむちゃくちゃ高い。しかも落としてなくす気もするので高いお金を払うのが怖いというのもある。

しかし、普通のイヤフォンがカバンの中で絡まったり、何かものに引っかかって外れたり、ずっと使ってると断線して音が聞こえなくなったり、運動するときコードが邪魔だったりでやはり完全ワイヤレスの魅力は大きい。

 

そんな時にAmazonで発見したのがこちら。

Hellodigi Bluetooth V4.2 Bluetoothイヤホン ブルートゥース ヘッドホン ワイヤレス ヘッドセット 両耳(黒)

Amazonの完全ワイヤレスイヤフォンで5000円以下で最も評価が高かったので即買い。

使用してみた感想としては、かなり良い。

まず3500円という値段で完全ワイヤレスを実現しているコスパの高さ。説明書は日本語のものはないが、電源の入れ方とペアリングの仕方さえわかれば良いのでググればすぐ解説サイトが出てくる。

使用感としては、思ったより大きく、やや重い。最初つけたときは「すっぽ抜けそう、思ったより重い」という印象だった。が、実際使ってみると意外とすっぽ抜けないし、重さも忘れてしまうので今のところ問題なく使えている。

音は特別良いというわけではない、まあ高音質と言って問題ないと思う。最高級イヤフォンには劣るが、iphoneの純正イヤフォンと同じぐらいか。

時々音が途切れることがあるが、まあ値段を考えれば気にならない。

あとは、完全ワイヤレスが超便利かというと、必ずしもそうではないなというのがわかった。電池持ちも悪いし、いちいちBluetoothを接続するのも案外面倒。なので数万円をする高級機種を今買う必要はない気がする(そのうち電池効率も良くなり、軽くなり、もっと安くなるはず)。

しかしやはり便利は便利で、特に運動に使うとき等は圧倒的に使い勝手がいい。自分はジムへ行くときやランニングをする時に使っている。

 

 

お掃除ロボット

iRobotのルンバが圧倒的に有名なお掃除ロボット。

 

iRobot Roomba 自動掃除機ルンバ870 ピューターグレー 870 【日本仕様正規品】

値段も高くまだ一般家庭に普及するレベルにはなっていないが、その便利さを体感するといずれはどの家庭にもお掃除ロボットがある時代は来るなと感じる。

我が家でもルンバを購入して見たところ、勝手に家を掃除してくれてかなり便利だ。掃除機をかけること自体はそこまで手間じゃないが、毎日かけるのはさすがにしんどい。

お掃除ロボットがあると常に部屋を綺麗に維持してくれるので、毎日気持ちがいい。ルンバが掃除したあと溜まったゴミを捨てるのが快感だ。

 

しかし最近すごく評判の良く、かつルンバと比較して圧倒的に安いお掃除ロボットを見つけてしまい、高いルンバじゃなくてこっちでもよかったんじゃないか?と若干テンションが下がった。それがこちらのマカロン。

V-BOT 自走式ロボットクリーナー マカロン [ ミント ] VBM01-MT VBM01-MT

私自身が使ったことがあるわけではないので、ルンバとの比較どうこうというのは言えないのだが、Amazonでの評価がむちゃくちゃ高く、レビューの内容を見てもルンバと遜色なさそうな印象をうける。それでいて値段はAmazonの1/10程度。

確かにルンバはすごく便利なのだが、見ているとルンバのAIはあまり頭は良くない(うちのモデルはルンバの中では安めなので、最上位はそうでもないかもしれないが)。

であれば、ある程度単純な仕組みで安く作ったものでも差はあまりないかもしれないなと思った。

5000円でそれなりに機能があるものであれば、買って損はないはずだ。

一人ぐらしでも買える値段だし、ルンバを買う前に最初からこのマカロンを知っていたら、迷わずマカロンを買っていた気がする。何しろとにかく安い。

 

ちなみに、ルンバとともに我が家の家事を担当してくれているのが食洗機なのだが、食洗機は安くていいものがあまりなかった。安いものでも数万円はしてしまうので、あえて紹介はしないが、自分が家事をした場合の時間価値を考えると、お金に余裕のある人は買って損はないものだと思うので是非。

 

 

ポータブルワイヤレススピーカー

ポータブルのワイヤレススピーカーで有名なのはBose。

Bose SoundLink Mini Bluetooth speaker II : Bluetoothスピーカー ポータブル/ワイヤレス対応/通話可能 カーボン SLink Mini II CBN【国内正規品】

自分もこれを持っていて、むちゃくちゃ良い。

手のひらサイズなのに音質がむちゃくちゃ良く、音量もかなり出る。家で家事をやるときはこれで音楽を掛けながらやっている。電池持ちも良いのでアウトドアでの使い勝手も抜群に良い。

とは言え値段が2万円を超えるので、なかなか簡単に手は出ない。

 

そんな時に友人が使っていて値段の割にスペックの高さに驚いたのがAnkerのスピーカー。

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】(ブラック) A3102011

値段は4千円でBOSEの1/5以下。それでいて音質、音量はかなりしっかりしているし、デザインもかなりかっこいい。

やはり音質に関してはBOSEには勝てないが、アウトドアで使うときなどは音質にはそこまでこだわらないと思うのでAnkerのこちらのスピーカーでも全然問題ない。

BOSEのSoundLink Miniを買ったことを後悔したことは一度もないが、値段の差を考えると当時Ankerのスピーカーを知っていたらこちらで全然問題なかった。

値段も手頃なので、贈り物としても良いなと思う。

 

なお、同じAnkerで音質と電池の持ちは少し悪いが防水のモデルもある。

Anker SoundCore Sport XL ポータブル Bluetooth スピーカー 【IP67 防水&防塵認証 / 16W オーディオ出力 / モバイルバッテリー機能搭載】 A3181011

 

 

スマートウォッチ・活動系

スマートウォッチと言えばapple watchだが、安いモデルでも3万円と、やはり高い。

 

 

そこでもう少し安い簡易的なものを探していた見つけたのがこちら。

I5 Plus スマートウォッチ Bluetooth 4.0 日本語対応 (ブラック)

結論から言って、このスマートウォッチむちゃくちゃ良い。

値段はなんと2000円。超安い。

自分が一番便利だと感じるのはスマホに出るプッシュ通知が時計にもバイブ&液晶画面で通知されること。iphoneのバイブが弱く電話とかlineとか気づかないことがけっこうあるのだが、腕時計のバイブだと100%気づく。特に仕事で電話に気づかないことがなくなったのが最も大きい。

あとはライフログ機能もけっこう気に入っている。睡眠時間、1日の歩数、その他運動の記録などができる。自分が一番重宝しているのは睡眠時間記録で、これはけっこう正確だと思う。

まあ逆にいうと今活用しているのはこのぐらいで、appleウォッチと比較してできないことは多い。

もちろんapple payはないし、Lineなどの通知は見れるが返信等はできない、GPSもついてない、脈拍も計測できない。しかし、appleウォッチの機能をそこまで使うのか?

現状このi5でも通知が見れて、返信したくなったらスマホを取り出せば良いだけだから返信機能は不要だと思っているし、基本的にiphoneを持ち歩いているのでapple payやGPS機能の必要性はそこまで感じない。

そして逆にこのi5がappleウォッチと比較して、スマートウォッチとして優れている部分が2つある。それは電池の持ちの良さと充電の手軽さ。

appleウォッチは毎日充電しなきゃいけない上、専用の充電ケーブルが必要なため、うっかり家で充電を忘れると翌日使えなかったりする。

このi5は1週間ぐらいは電池がもつし、時計自体にUSBでの充電端子が付いているので専用のケーブル不要。電池が弱くなれば仕事中にPCに挿しておけば10分ぐらいで充電できてしまうし、そもそも電池の持ちがいいので、電池を気にするということが全くない。毎日つけるデバイスとしては大きなメリットだ。

なお、けっこう期待していたバイブによるアラーム機能は全く使えない。眠っているときに腕時計のバイブが起動されても全然気づかないのだ。

 

 

ウェアラブルカメラ(アクションカム)

ウェアラブルカメラあるいはアクションカムと言われてもピンとこない人も多いと思うが、GoProと言われればわかる人は多いのではないだろうか。

完全防水のケースに入れて過酷な環境での動画撮影ができ、バイクのハンドルやヘルメットにつけて走行の動画を撮ったり、スノーボード等のウィンタースポーツの競技風景を撮影したり、ダイビング等で水中撮影もできるのがアクションカムだ。

アクションカムと言えば最も有名なのがGoPro。しかしGoProは値段も高く、最新モデルのGoProHero5だと5万円弱となかなかの値段だ。

毎日使うものでもないので、アウトドアスポーツに頻繁に行く人以外にとってはなかなか手が出ないと思う。

しかし、実はアクションカムはGoProと比較してかなり安い値段のものが結構ある。多少機能が劣る部分はあるが、アクションカムに求められる防水機能やタフさといった基本的な機能は問題なく使えるので、安い値段でアクションカムを体験するには安い製品でも十分だと思う。

そこでオススメするのがこちら。

WIMIUS Wifi 4K(30FPS) アクションカム ウェアラブルカメラ スポーツカメラ 2.0インチ液晶 多機能カメラ(ブラック)

値段はなんと6,600円とGoProHero5の2割程度。

そのくせ4K動画撮影可能、2インチモニター、バッテリー2個つき、ソフトシェルケースつきと、むちゃくちゃお得だ。もちろん防水ケースもついている。コスパに関しては文句なく最強。

4Kが撮れるといってもセンサーの質などは当然GoPro最新機種より劣るので、映像のクオリティ等は劣る部分はあるらしい。

自分はGoProは持っていないので比較してどうこうはわからないが、この値段でこのクオリティなら全く文句はない。何しろGoProの2割以下の値段。

やはり使ってみて良かったと感じるのは水中撮影。最近はスマホの防水ケース等も出ているが、撮影自体は水中でできてもタッチパネルが反応しなくてうまく撮れなかったり、レンズが曇ってボヤけてしまったりでいい写真や動画はほとんど撮れなかった。

これを買ってアウトドアでの撮影がむちゃくちゃ楽しくなって、動画や写真を共有すると友達からも喜ばれる。

なお撮影のためにはmicroSDカードを買う必要があるのと、自撮り棒的なアイテムは持っておいた方がいい。

 

 

まとめ

ブランドにこだわらなければ、意外と最新技術を使った家電製品が手軽に買えることもあるので、調べてみるのは大事だなと感じた。知らないと損だ。

他に気になったのは360度カメラやドローンなど。

もし、他に安くてオススメなハイテク家電があれば教えて頂きたい。

 

 

 

-ライフハック


 comment
  1. ムッタ より:

    GTRさん、はじめまして。
    ムッタと申します。

    過去のブログを見て、コメントというか質問させていただきます。
    僕は現在、27歳のフリーターです。
    大学は地元にある底辺大学を卒業し、就職はしましたが、実はブラックで、何度か転職を繰り返し、現在フリーターです。
    公認会計士というのを知ったのも最近で、手に職をという考えで目指そうかなと思いますが、そこで、お聞きしたいことがあります。

    1、公認会計士の資格を仮に30歳前後で取得できたとして、その年齢で大手の監査法人に就職は可能ですか?
    2、予備校に通うとしたら、通学か通信なんですけど、僕の実家はド田舎で、通学しようとも校舎がありません。
    だとしたら、通信になってしまうんですけど、通信でも、受かる可能性はありますか?
    3、アマゾンで調べると「独学で受かったぜ」という強者がいて、本を出していたんですが、やはり予備校で勉強したほうが、受かる確率は高くなりますよね?
    4、この質問は実際に予備校に聞くのがベストかもしれませんが、費用は一括払いできないので、やはり分割払いになってしまいますが、GTRさんはお金の工面はどうしていましたか?

    以上の、質問にお答えいただけたら幸いです。
    今回のブログの関係する話ではなくて、申し訳ございません。
    また、既にブログで紹介されていた内容だとしたら、失礼しました。
    大変お忙しい中、恐縮ですが、よろしくお願い致します。
    それでは、失礼致します。

  2. GTR より:

    ムッタさん

    コメントありがとうございます。
    以下回答させて頂きます。

    >1、公認会計士の資格を仮に30歳前後で取得できたとして、その年齢で大手の監査法人に就職は可能ですか?
    →今の状況だと全然問題ないと思います。ただし監査法人の就活は一定のスパンで就職難と売り手市場の状況を交互に繰り返しているので、いずれまた就職難という状況が来る可能性はあります。ただ、全く社会人経験がないというわけではないので、30歳前後でも書類ですぐ切られるということはないと思います。面接である程度のコミュ力などを示せれば就職難の状況でも十分就職できる可能性はあると思います。

    >2、予備校に通うとしたら、通学か通信なんですけど、僕の実家はド田舎で、通学しようとも校舎がありません。だとしたら、通信になってしまうんですけど、通信でも、受かる可能性はありますか?
    →通信であっても、同じ予備校(TACの通信と通学等)であれば授業の質は全く変わりません。通信の講義の収録はある程度人気・実力のある講師の方がやるので、場合によっては通学の先生より通信の方が人気があったりします。個人的に通信の最大のデメリットは受験仲間ができずモチベーションが続かないということかなと思います。自分は受験仲間と切磋琢磨することが相当プラスになりました。なので、通信で周りに受験生がいないのであれば、相当強い意志が必要な気がします。

    3、アマゾンで調べると「独学で受かったぜ」という強者がいて、本を出していたんですが、やはり予備校で勉強したほうが、受かる確率は高くなりますよね?
    →独学は相当の天才でないと無理だと自分は考えています。「独学で受かったぜ」という内容で書籍が出せるぐらいレアということです。絶対に予備校に通うことをオススメします。

    4、この質問は実際に予備校に聞くのがベストかもしれませんが、費用は一括払いできないので、やはり分割払いになってしまいますが、GTRさんはお金の工面はどうしていましたか?
    →自分は1年目は大学時代に受けていた奨学金から工面していました。2年目はおばあちゃんに頭を下げてお金を借りていました。それだけに絶対受からなきゃというプレッシャーも感じていました。予備校によっては奨学金制度もあるはずなので確認してみるといいと思います。いずれにしろ、普通の人からすると相当ハードな試験なので、目指されるのであれば半端な覚悟でやることはオススメしません。全てを賭ける覚悟を持って初めて勉強を開始することをオススメします。

  3. ムッタ より:

    GTRさん、ムッタです。
    コメントありがとうございました。
    とても、参考になりました。
    改めて全てをかける覚悟で会計士の勉強をしたいと思いました。

    そこで、大変お忙しい中、恐縮ですが、また何か相談したいことがあったら、コメントしてもよろしいでしょうか?

  4. ムッタ より:

    ムッタです。
    再び、了解も得ずにコメントして申し訳ございません。
    ただ、どうしてもお聞きしたいことが1つあったので、コメントします。

    1、僕は会計士の最も基礎である、簿記ですら触れていません(恥ずかしながら、会計士を知ったのが最近なので)。
    そこで、また質問なんですが、いきなり会計士の予備校を受講するより、日商簿記3級なら独学で出来そうなので、そこから始めたほうがよろしいでしょうか?
    それとも、いきなり会計士の予備校の通信を受講したほうがよろしいでしょうか?
    大変お忙しい中、失礼ですがGTRさんの率直なご意見をお聞かせください。
    それでは、失礼致します。

  5. GTR より:

    ムッタさん

    全然質問大丈夫です。日によって返事が遅れることはあるかと思いますが。
    結論から言いまして、先に簿記をやる必要は必ずしもないです。が、やって損もないと思います。

    実は私は簿記試験を受けたことがなく、公認会計士試験をいきなり受けた人間です。
    最初から覚悟は決めていたので、簿記の知識がないことは全く問題なかったです。
    簿記試験を受ける意味は、簿記をやってみた結果簿記が全く好きになれないのであれば、公認会計士は向いていない可能性が高い(公認会計士になったら一生嫌いな簿記をやり続けなきゃいけないので)ので、適性がわかるということだと思います。
    なので、とりあえず最初に簿記をやってみて損はないと思います。
    ただ、簿記はより内容が深くなってこそ面白くなるので、3級だけやると「簿記はつまらない」と感じてしまう可能性もありますが、それは本質じゃないので、それで嫌いと判断してしまうのももったいないなーと思います。
    なので、公認会計士になると決めたのであれば最初から会計士の勉強をすればいいと思います。もし、まだ迷われているのであれば受けてみるのもいいと思います。

  6. ムッタ より:

    GTRさん、コメントありがとうございます。
    では早速ですが、質問させていただきます。

    1、現在フリーターで、何度か転職はしましたが、最近まで一応働いては、いたので微々たるものですが、蓄えはあります。
    しかも実家暮らしなので、裕福でもなければ、貧乏でもありません。
    しかし、約2年かそれ以上の期間を、会計士の通信講座に充てるときに、アルバイトでもしたほうがいいのではないかと思うのです。
    GTRさんはどのようなご意見をお持ちですか?
    GTRさんの周りでアルバイトしながら、会計士の資格を取得した方はいらっしゃいますか?

    大変お忙しい中、恐縮ですがご回答お待ちしております。
    それでは、失礼致します。

  7. GTR より:

    ムッタさん

    回答が遅くなりすいません。
    アルバイトしながら会計士取得した方は多いと思いますよ。
    私自身アルバイトしながら勉強してましたし、私の周りでもアルバイトしながら勉強してた人は多いです。
    経済的に余裕があるならばアルバイトせずに勉強に専念した方が有利だと思いますが、
    アルバイトであれば自分の働く時間をコントロールしやすいので、
    多少アルバイトしながら勉強をするというのはそこまで大きな負担にはならないと思います。
    アルバイト先をこれから探すなら、直前期にきちんと休みを取れるかどうかはきちんと確認してから選んだ方がいいと思います
    さすがに試験直前はアルバイトに時間を割くのは勿体無いので。
    自分は試験前の1〜2ヶ月はシフトは全く入らないようにしてました。

  8. ムッタ より:

    GTRさん、アルバイトに関するコメントありがとうございます。

    今度は時事的な質問なのですが、よろしいでしょうか。

    GTRさんのブログを見て、大手の監査法人の労働環境についても書かれています。
    昨今、電通の若手社員が違法な長時間労働やパワハラによって過労自殺したことが社会問題になっています。
    企業の労働環境についての見直しがなされています。

    ブログを見て、大手の監査法人の大方の労働環境は分かったのですが、現場の実情はどのようなものでしょうか?
    実際に違法な長時間労働やパワハラとかはGTRさんが働いていたときには、ありました…というかそういうのを感じましたでしょうか?

    この年末のお忙しいときにあまり物々しい質問ですが、ご意見を頂戴出来たら幸いです。
    それではGTRさん、良いお年をお迎えください(^▽^)/

  9. GTR より:

    ムッタさん

    パワハラは全く聞いたことないですね。私の周りでは。
    長時間労働はそれなりにありますね。
    繁忙期はどうしても忙しくなりますし、徹夜が続くとか、過酷な労働環境になることもあります。
    ただ私の周りでは違法な労働環境が常態化しているということはなかったです。
    法人として改善をするために様々な施策も行ってますし。
    もっともチームによって労働環境は差があるので、私よりハードな環境に身を置く人もいましたね。
    自殺者は聞いたことはないですが、メンタルをやられて休職する人は多少はいます。

  10. ムッタ より:

    GTRさん、コメントありがとうございます。

    根本的な質問をしてもよろしいでしょうか。

    (おそらくブログに記載されていると思いますが、見落としていたら申し訳ございません。)そもそもGTRさんはなぜ公認会計士の資格を取得しようと思われたのでしょうか?
    やはり会計が面白いと思われたのでしょうか。
    決定的な具体的理由があれば、教えてください。

    大変お忙しい時期に厚かましいお願いをして申し訳ございません。
    よろしくお願いします。

  11. GTR より:

    ムッタさん

    会計士になろうと思った理由は以下の記事に簡単にまとめています。
    http://blogdekaikei.com/career/gtr

    記事を抜粋すると以下の通りです。まああまり深く考えておらず「公認会計士とったらなんか強そう」ぐらいの感覚でした。

    「自分がなぜ会計士になったか。きっかけは就活だった。
    当時の就活は今より早くて、大学3年の秋ぐらいからだった。
    もともと自分は漠然と起業(自分が社長じゃなくても創業メンバーとして起業)したいという思いがあったが、特にアイディアもなく自分に何も誇れるものもなかったし、しかしそのまま就職する気にもなれず、悶々としていた。
    そんな時にふと資格でも取ろうかと思い、単純な発想からどうせなら最難関資格を取ろうということで、ビジネス領域でつぶしききそうな公認会計士を取ることにした。」

  12. ムッタ より:

    GTRさん、コメントありがとうございます。

    予備校はTACか大原にしようと思います。
    一時期はクレアールにしようかと思いましたが、メールで質問してもすべてうまいこと書かれていて怪しさ全開だし、「公認会計士 予備校」で検索してもランキング一位というこれまた怪しさ全開なので、止めました。(というかそのランキングはどこのデータを利用しているのでしょうか?)

    ここでTACか大原にしようと決めたんですが、通学は無理なので(通学できる場所に校舎がありません)、通信にします。
    TACも大原も資料請求しても、そこのデメリットは書かれません。
    まぁ、当たり前なんですが、その予備校の強みなどメリットになるものしか書かれていません。

    そこでGTRさんに質問なんですが、TACでは直に学んでいた身として、公にどこにも公表できないデメリットになる部分はありましたか?
    TACと大原はそんなに大差はないと思いますが、もし大原についてもデメリットをご存知でしたら、教えてください。
    噂では、TACは出される課題が多いので、本当にアルバイトせずに勉強が専念できる人用とか聞きますが・・・
    よろしくお願いします。

  13. GTR より:

    ムッタさん

    TAC固有のデメリットというものはあまりないと思います。
    大原と比較したときにデメリットと言われるのは講師が常駐してないことだと言われますが、自分はそこまで気にならなかったのと通信なら関係ないと思います。
    TACは課題が多いというのも特に関係ないと思います。というか課題(=宿題?)というものはどこの予備校もないんじゃないかと思います。予襲復讐をやるだけですね。どの予備校だろうと合格するためには相当の勉強量が必要なので、そこは予備校ごとに差はないと思います。
    TACか大原ならどちらも悪くないと思います。多分極端なメリット・デメリットはないんじゃないかなと思ってます。クレアールは合格者の人に全然あったことがないのでよくわかりませんが、ネット上でランキングや評判が書いてあって、クレアールを過度に推奨していて、かつクレアールのサイトへのリンクがあるものはほぼ間違いなくステマだと思っていいと思います。

  14. ムッタ より:

    GTRさん、おはようございます。
    ムッタです。

    ちょっと、お聞きしたいことがあるので、質問します。
    公認会計士の資格を取得したら監査法人に入社し、公認会計士になりますが、監査法人に入社して仕事をしながら、副業するのはOKですか?NGですか?おそらく、そんな暇もないと思いますが・・・

    監査法人は忙しいですけど、その分、まとまった休みもとりやすいと言われているので、そのまとまった休みで、会計士の予備校のバイトとかしたりすることは可能ですか?

    大変お忙しい中、恐縮ですがご回答お待ちしております。
    それでは、失礼致します。

  15. GTR より:

    ムッタさん

    私の法人では副業NGでした。おそらく他の法人も同様なんじゃないなかと思います。
    副業禁止なので「まとまった休みで、会計士の予備校のバイト」も不可ですね。
    今世の中で徐々にですが副業解禁の流れができていると思います。しかし、おそらく監査法人は副業解禁は当分ないと思いますね。
    理由は
    ①職業的専門家であるため業務によって監査法人と競業関係になることがありうる
    ②副業の内容によっては独立性が阻害される可能性があり、それを個人ごとにいちいち確認してられないから一律副業禁止にした方が早い
    の2点ですね。

  16. ムッタ より:

    GTRさん、コメントありがとうございます。
    ムッタです。

    ちょっとまた、お聞きしたいことがあるので、質問します。
    今現在、監査法人は売り手市場ですが、これはいつまで続くのでしょうか?
    おそらくはっきりとした答えはないと思います。
    例えば、2,3年後はもしかしたら、氷河期になっているのかもしれません。
    僕が公認会計士の資格を取得して、その年が緩和されているのか、厳しくなっているのか、こればかりはやはり「運」でしょうか?

    大変お忙しい中、恐縮ですがご回答お待ちしております。
    それでは、失礼致します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です