ブログde会計

公認会計士がブログで会計について考える

『監査用語で浦島太郎を読んでみた』をgoogle翻訳で読んでみた

2017/01/08

turtle-182121_1280

最近精度が大幅に向上したと話題のgoogle翻訳の実力を確かめるために、以前書いた『監査用語で浦島太郎を読んでみた』を日本語→英語→日本語と翻訳し読ませてみた。

なお、改行と「」は読みやすくするために修正を入れたが、それ以外は翻訳結果そのままである。


 

XXXX年には、村の中心に浦島太郎と呼ばれる新しい会計士(応募者)がいました。

浦島太郎が海水浴場を通過したとき、事故によるストレスを受けた学生候補者は、固定資産(設備備品「生物 - その他の」有用生活8...一般的にはカメと呼ばれる)を捕らえていじめをしていた。

「オハイオ州の私のさようなら、貧しいもの - そうすることは、収益性と障害の損失につながるでしょう、それを脱出しましょう。」

「私はそれを望んでいない...私はそれを拾ったので、買収は0ダイモン。いずれにせよ、私たちは利己的であり、私はこれらの備品と備品を引退するだろう。」

私はそれを見て、備品と備品は原原と涙を流し、私は浦島太郎を見つめている。

だから浦島太郎はお金を取り出して会計士にそれを示して言った。

「あなたが真剣に勉強して会計士になれば、それほど多くの収入を得ることができます。もしあなたがパートナーになればもっと驚くでしょう。簿価が0の家具や備品をやめ、」

「確かに短い答えが近いです。」

 

Urushima Taroは会計士試験から家電製品を購入し、

「あなたは大丈夫ですか?あなたは捕らえられず、収益性を低下させないでしょう、次は退職するでしょう。」

「私は静かに備品や備品を海に静かに置いた。」

 

まあ、数日後、浦島太郎は海に行き、

「...浦島先生... ...浦島先生」

誰かが私に声をかけている。

「誰があなたに電話していますか?」

「わたし、」

その後、機器や備品は海の上で少し頭を上げ始めました。

「この間私を助けてくれてありがとう」

「ああ、その時の治具の備品」

「はい、私の人生のおかげで、私の人生は救われました。ところで、浦島さんは宮城県の有限責任監査法人に行くのですか?」

「ドラゴンパレス?ドラゴンパレスはどれですか?」

「それは海の底にある中小企業です」

「海底まで行くことができますか?」

「はい、私はあなたを連れて行きます、背中に乗ってください」

「これは恐ろしいことですが、あなたはもう治具や備品ではない、それは船です「その他 - その他のもの 」と耐用年数は5年ですが、これは会計方針の変更です!」

「それは良い理由として受け入れられますか?」

 

設備艤装船は、浦島さんを背中に乗せて海上で潜水し、ついには綺麗な建物に到着しました。

「うわー、それはかわいいよ。日付はすでに消えていても、すべての階に電気があり、活気があるよ!」

「この建物は、宮城県民監査法人の事務所です。」

 

船で案内されていた美しいおやま従業員が、浦島さんに色とりどりの固定資産(備品と備品「2年の魚」の耐用年数)を迎えました。

「歓迎です、浦島さん、私はこの宮城竜の代表、大梅です。先日、私たちの会社の船を助けてくれてありがとうございました。」

竜島さんは竜口のレセプションルームに紹介されました。

浦島さんが準備座席に座っているとき、備品や備品「魚」は素晴らしいお祭りになります。

ふわふわで楽しい音楽が流れ、楽器やフィクスチャ「魚」の素晴らしい踊りです。

「このエンターテイメント待遇は2007年に受け継がれた就職活動のようだ」

 

壮大に挨拶された浦島太郎はすぐに家の中でも有名なホタルの仕事に埋もれてしまった。

「私は今すぐに辞めることができないので、もう何もしたくないから、もう少し離れている。なぜなら、私は人々にそれをやめさせたくないからだ」

私は乙女の社員から聞き取られていたのですが、私は宮城竜宮監査法人として働いていましたが、第3期の月が終わりました。

一度、浦島さんはついに覚えました。

 

(審査、危険な)

 

浦島氏はオトメ社員に言いました。

「おとめ従業員、これまでのことすべてありがとうございますが、近い試験が近いので、試験を受けさせてください」

「あなたは休みを取るつもりですか?この忙しい時期に、深夜まで働いていますか?」

「まあ、まあ、期待通りにテストの前に休んではいけない...」

「いつものように勉強すれば安心する必要はありませんか?」

(私は忙しく、勉強することはできませんので、中小規模なので) 「どうもありがとうございます」

 

その後、乙女の従業員は孤独に話しました。

「...そうなの?素晴らしいよ、バラッドの箱を贈り物にしましょう」

「ハンドバッグを持っていますか?」

「はい、検査が本当に圧倒されたら開封してください。それまでそれを開けないでください。紛失すると失われてしまいますので注意してください。持っていれば飲んではいけません。」

「はい、分かります。ありがとうございます。」

おとめ従業員と相談した浦島太郎は、再び船に送られ、地面に戻った。

 

地面に戻ってきた浦島太郎は、見てびっくりしました。

「ああ、ちょうど3年、状況が大きく変わった。」

確かに、この場所は浦島太郎がいた場所ですが、何かが違うのです。

タロウラシマ太郎の家はなく、会う人が分からない人だけです。

だから、浦島太郎は渡す人に尋ねた。

「今何年、それはXXXXの年ですか?」

どうやら、浦島太郎が宮城県民監査法人に行った3年間で、この世界ではすごい時間が経過したようです。

「ええと...募集基準は何ですか?あなたはもう一時的な減価償却に向かないのですか?利益プーリングのプーリングも出ていませんか?少数株主ではなく、非支配株主ですか?税務法に基づく定額法に変更したのか」

 

...

 

(私はまったくそれを受け取る気がしません)

 

「オトメ社員は、完成の審査で本当に終わったら、それを開くことができます。この便利な箱を開けてもよろしいですか?」

 

浦島太郎はそう思って、ボールカップを開いた。

その結果、内部からは煙が出て、浦島太郎はすぐに老人になった。

 

試験票の画像から明らかに変わった浦島太郎は、修了試験を受けることができなかった。

 

終わり。


翻訳前の記事はこちら→監査用語で浦島太郎を読んでみた

-雑記その他


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です